2006年04月29日

夏じゃないけど夏の

見た映画が夏のお話だったというだけで・・・「ウォルター少年と、夏の休日」という映画を見ました。
劇場予告で見ててちょっと気になってたんだよねぇ〜。

ペイフォワードの名演技から気になっているハーレイ・ジョエル・オスメント(長い名前だ・・・)君が出てるものの、さすがに数年たったから「男の子」というより「少年」という言葉がぴったりに成長している感じだねぇ。
内容はお母さんが遊ぶためにおじいさん2人で住んでいる田舎に預けられて成長するっていうような感じ。
感動巨編かと思いきや、実はコメディ要素もたっぷり入っていて、随所で笑えました。
特におじいさんの家で買っている子豚チャンがかわいい。
お話の中でおばあちゃんライオンが出てきたり、犬をたくさん飼ってたり、なんだかムツゴロウさんのようなおじいさん。
でも実はすっごく壮大な冒険をしたヒーローだったり・・・。
信憑性がないようなお話が徐々に真実味を帯びていくところとかがすごく引き込まれたなぁ〜。

なにより、あのアメリカの壮大な自然が羨ましい!
設定はきっと'70とかっていう感じなんだと思うけど、それにしてもあの敷地はどこから手に入れるんだろう・・・。
あんな敷地とお家がほしい!!

おじいさん2人の味がすっごくいい。
カーズおじいさんはぺらぺらとよくしゃべり優しく、ハブおじいさんは寡黙で強い。
この2人のキャラがこの映画の特徴なんだと思うけど、2人ともおじいさん(見た目では60歳くらいという設定なのかな)なのに冒険心があって、男の人は絶対に憧れるはず。
私も男じゃないけどこんなばあさんになりたいなぁ〜って思わされてしまいましたわ。
そんなわけでこの映画、ぜひ男の子に見てもらいたいなぁ〜。
冒険心をそそるような素敵なお話でした。
posted by @yama at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17438300

この記事へのトラックバック

ウォルター少年と、夏の休日
Excerpt: ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション / ポニーキャニオン(2004/11/17)Amazonランキング:5,380位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogで..
Weblog: 日々、ことのはを綴る。
Tracked: 2006-05-07 18:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。