2006年04月02日

今日は映画を見てきたゾ。県庁の星。
織田裕二さんの映画を久しぶりに見たでやんす。
一時期病気になってお休みしてたけど元気になって良かった♪
でもちょっとお痩せになりましたねぇ。

随所に笑いが込められているのに、熱い人間ドラマがあり、感動ネタもちょこちょこと入ってました。
内容は先が読める感じだけど、逆に安心して見ていられるからいいよね。
値段をつけるなら(久しぶりだなぁ)1000円っていうところかな?
ちょっとやっぱり邦画は内容がよっぽどじゃないと1800円にはなりません・・・。
もっとね、改革していく過程をゆっくりじっくり見たかった気がする。
連ドラとかでやったら面白いんだろうなぁって感じかな?

この映画を見ると仕事の仕方を考えさせられる気がする。
今のままの仕事の仕方でいいのかなぁ〜なんて。

それにしても、本当に行政ってあんなに悪い事してるのかな・・・。
無駄遣いとか全然気にせず動いてると思ったらなんかムカつくよね。
でも最後のシーンで、最初無料だったエスプレッソが100円に変わっていたところがなんだか微笑ましかった♪
どこの行政でもそんな風にしてくれたらいいのに。
今日はもうないけど、3月は年度末だからって道路工事ばっかりしてるし、「そこって直さなくちゃダメ?」って所までやっていると税金の無駄遣いだなぁ〜って思っちゃうし。
予算使い切らない=そんなに予算は必要ない
この法則は間違ってないんだから従順にそのままでいいのに・・・。
と、ここで文句を言ったところで何も変わらないので放っておきまする。


ぜひ本も読んでみたい☆
県庁の星

県庁の星オフィシャルサイト
posted by @yama at 23:31| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は☆
TB有難うございます。^^
自分も改革していく過程をじっくり見たいと思いました。
連ドラで描いたら面白そうな題材ですよね♪
最後のコーヒーが有料にナルシーンでは、ちょっとずつでも改革されていっていることが窺えて微笑ましかったです。^^
Posted by ルーピーQ at 2006年04月03日 00:49
コメントありがとうございます!!
連ドラでやってほしいですよね☆2時間ではなく・・・。
実在の行政もあんなふうに少しずつでも変わってくれたらいいんですけどね・・・
Posted by @yama at 2006年04月04日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

■県庁の星
Excerpt: K県庁のエリート公務員・野村(織田裕二)は、200億円をかけた一大プロジェクトに必要な「県と民間の交流」をクリアするため、三流スーパー「満天堂」に半年間の研修に出されることになる。そこではパート..
Weblog: ルーピーQの活動日記
Tracked: 2006-04-03 00:48

★「県庁の星」
Excerpt: 織田裕二の「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ」以来の主演映画。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-04-03 02:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。