2005年10月04日

ローレライ

久しぶりに邦画を見ました。
友人が見て「良かったよぉ〜」とあまりにも言うのでこれは見ねば!
とレンタルしてきてしまいました(笑)影響受けやすい!?

日本のタレントさんだとTVに出ている人が多いから
(特にバラエティとか出てる人)
その人のイメージがある程度出来上がってしまっていて、
映画を見ても先入観が抜けないまま
「本当はこんな人じゃないくせに・・・」
とかって、嫌味な子になってしまうのよ( ̄∇ ̄*)ゞ

さて、この映画ですが・・・。
そこまでバラエティによく出てくる人でもなく、
第2次世界大戦の最中のお話で、日本だけのお話というわけでもないから
意外とのめり込んでしまいまして・・・。
気が付いたら面白くなってきたじゃないの!!
という訳であっという間に見終わってしまいました。
特にこの映画のお気に入りは唯一出てくる女性キャスト、香稚由宇さん。
そんなにたくさん出ている訳ではないのかなぁ〜?
私は初にお目にかかりましたが。
健気な役で、なんだかとても「かわゆい!!」と思ってしまいました。

別に女の子が好きなわけじゃないんですけどね。
最近巷で有名なレイザーラモン(HG)の女版か!?
みたいに女の子がかわいいって思うときがあるわけですね。
おかしいのかしら・・・。
だから彼氏もできないんだわよ(笑)
今更だけど、この映画見て思った一番の感想ってそれかも(゚◇゚;) ゲッ
posted by @yama at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10722506

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。